超高濃度ビタミンC点滴

抗酸化高ビタミンC静脈注射

ビタミンCは、現代の人間にとっては必要不可欠な栄養素です。ビタミンCは肌の弾力を保つ細胞コラーゲン、エラスチンを増やし、シワ、タルミを予防し、肌の保水力をあげハリのあるみずみずしい肌へ導きます。ノーベル賞を2度受賞したライナス・ポーリング博士らは、1960年ころに病気の予防と健康の増進のために、多量のビタミンCを用いるという「メガビタミン主義」を提唱し、がん患者に投与し、がんの予防効果、延命効果があると発表しました。実は、私たちの身体には毎日5000~6000個のがん細胞が生まれていると言われています。しかし、人の身体には、このがん細胞に対して、免疫機能を備えているため、健康な身体の中では常にがん細胞と免疫機能との戦いが日々繰り広げられていて、自己修復しているのです。ライナス・ポーリング博士らは、ビタミンCがこの自己修復作用に非常に効果があるとの研究結果を発表しているのです。では、ビタミンCのサプリメントを大量に摂取すればよいのでしょうか?確かにビタミンCには、これ以上摂取すると危険という上限摂取量がありません。しかしビタミンCのサプリメントを口からたくさん摂取しても、がん細胞を殺す程度まで体内の血中濃度を上げる以前に、そのほとんどが体の外に排出されてしまいます。当院の「超高濃度ビタミンC点滴」と「抗酸化高ビタミンC静脈注射」は、ビタミンCを口から摂取するのではなく、直接血管内に注入しますので消化吸収というプロセスがない為全てのビタミンが体内に効率よく取り込まれていきます。すでに多くの患者さまがメガビタミンC療法をスタートされています。

ビタミンCの驚くべき4つの作用とは?

ビタミンC の効果は、実にたくさんあります。肌の張りを保ち、シミや小ジワを防ぐこともさることながら、ビタミンC はコラーゲンの生成のサポートもしてくれるのです。
コラーゲンの生成にはビタミンC が不可欠です。
さらに2005年にアメリカの国立衛生研究所の科学者が「高濃度のビタミンC に抗がん作用がある」という研究結果を発表したことでアメリカでは空前のブームとなり、日本国内でも「超高濃度ビタミンC点滴療法」として実際の医療現場で既に行われている治療法です。

メラニンの生成を抑える美白効果作用

肌は紫外線を浴びると、肌の内部を守ろうとするので、メラニンを生成します。これがシミのもとになるのです。ビタミンCはシミの原因となるメラニンの生成を抑え、白く還元させる働きがあります。

コラーゲン、エラスチンを増やしシワ・タルミを予防する作用

シワやタルミは、肌の弾力が失われることが原因。ビタミンCは肌の弾力を保つ「細胞コラーゲン」や「エラスチン」を増やし、シワやタルミを予防し、ハリのあるみずみずしい肌へと導いてくれます。

身体の免疫力を向上させ倦怠感や疲労の回復を早める作用

さらにビタミンCは有害な活性酸素に対する抗酸化作用が強く、全身の倦怠感や疲労の回復を早めます。風邪などのウィルスによる感染症も予防し、全身の健康から美肌を作ります。特にタバコを吸われる方にはおススメです。なぜなら、ニコチンがビタミンCを破壊するので、吸わない方の約1.5倍ビタミンCが必要になるからです。

お肌のバリア機能を強化する作用

皮膚本来の一番重要な機能はバリア機能。乾燥した表皮は弱く壊れやすいので、表皮の水分保持力は高い方が良いのですが、その表皮の水分維持に欠かせないのが、表皮の角質細胞間脂質のなかにあるセラミドです。お肌の水分蒸発を防ぐ役割のセラミドを含有する角質細胞間脂質を合成するためにビタミンCは必須だったんです。

超高濃度ビタミンC点滴療法 メニュー表