総合点滴注射外来

病気にならないのが一番。 でも怪我や病気、腰痛や肩こりなどへは、速やかに適切な処置をしてあげることが、身体への優しさだと考えます。 本来ならば、バランスのとれた食べ物や適切な運動方法などで、健康を保っていくのがよいのですが、なかなか難しいのが現状です。

セントルーククリニックユーカリが丘では、病気にならないために予防的におこなう点滴や注射を、定期的に受けられることをお勧めしています。 食べ物・飲み物などで体内へ摂りこむのと比べ、点滴や注射で直接体内へ摂り入れる方法は、時に身体に必要なものを必要な量だけタイムリーに与えてあげられる有効な手段です。 頑張りすぎて疲れた身体へも、その時々の症状をお聞きし、医師と相談の上、自分に一番合う施術をご提案いたします。

※完全予約制・自由診療となります。

問診(初診時 税別1,000円):初回受けられる場合、問診票にご記入の上、簡単なカウンセリングを受けていただきます。簡易問診(無料)に関しましては、毎回、受けていただきます。

プラセンタ注射・ダイヤモンドプラセンタ注射

胎盤のことをプラセンタといいます。母親の胎内で胎児と母体をつなぎ、わずか10ヶ月の短期間に重さ約3kgもある赤ちゃんへと成長させるこの驚異的な生命を育むのが胎盤の役割です。当院のプラセンタ注射・点滴には、ラエンネックという薬剤を用いています。ラエンネックは、ヒトプラセンタ(胎盤)から様々な有効成分を抽出した医薬品です。肝機能への治療以外でもプラセンタ効果が認められ、今では様々な医療機関やクリニックで、ラエンネックによる治療が行われています。

スノーホワイトCグルタチオン注射

当院で、プラセンタ注射と並んで根強い人気メニューである「抗酸化高ビタミンC静脈注射」は、開院以来、のべ3600人以上のみなさまへ提供してまいりました。ビタミンCは肌の弾力を保つ細胞コラーゲン、エラスチンを増やし、シワ、タルミを予防し、肌の保水力をあげハリのあるみずみずしい肌へ導きます。
さらに、ノーベル賞を2度受賞したライナス・ポーリング博士らは、1960年ころに病気の予防と健康の増進のために、多量のビタミンCを用いるという「メガビタミン主義」を提唱し、がん患者に投与し、がんの予防効果、延命効果があると発表しました。私たちの身体には、毎日5000~6000個のがん細胞が生まれていると言われています。しかし、人の身体には、このがん細胞に対して、免疫機能を備えているため、健康な身体の中では常にがん細胞と免疫機能との戦いが日々繰り広げられていて、自己修復しているのです。ライナス・ポーリング博士らは、ビタミンCがこの自己修復作用に非常に効果があるとの研究結果を発表しているのです。
今回、このビタミンCの働きに、グルタチオンを加え、抗酸化高ビタミンC静脈注射を進化させた「スノーホワイトCグルタチオン注射」を、新規メニューとしてラインナップ致しました。

スーパーグルタチオン美容点滴注射

グルタチオンとは人間の体内に広く分布するアミノ酸が3つ結合したペプチドという化合物強力な抗酸化作用によりメラニンの生成を抑制します

超高濃度ビタミンC点滴

高濃度のビタミンCを取り入れ美肌とともに免疫力を強化
手軽にビタミンCを取り込み疲れ知らずの毎日を

ビタミンCは、現代の人間にとっては必要不可欠な栄養素です。ビタミンCは肌の弾力を保つ細胞コラーゲン、エラスチンを増やし、シワ、タルミを予防し、肌の保水力をあげハリのあるみずみずしい肌へ導きます。

にんにく注射スペシャル

疲れたときの力強い味方!男性陣にも!

●当院が初めての方は初診問診料 1,000円(税抜)が別途必要となります。 初回は、問診票にご記入の上、簡単なカウンセリングと注意事項を受けて頂きます。 ●症状に合わせて、週に1~2回の施術(注射)を受けられることをお勧めいたします。 ●50は静脈への注射となります。所要時間は5分程度となります。 ●100は点滴注射あとなります。所要時間は20分程度となります。 ●50もプラス1,000円(税抜)で点滴注射にて受けることもできます。 ●二日酔いへはプラセンタ注射やグルタチオン注射との併用も効果があります。 ●ビタミンが多く含まれ、疲労回復によいことからこの名前がついています。 スポーツ選手が愛用していることで知られています。

MY点滴・注射オーダースペシャル

症状に合わせて追加オプションができます。

①トラネキサム酸

美白のきっかけになり、お肌の炎症も抑えます。

②ビタミンC

風邪の予防、アレルギーの緩和、がんの予防に欠かせません。
コラーゲン生成、皮膚の強化、美白などが期待できます。

③アルファリポ酸

老化防止、脂肪燃焼、脳の活性化、活性酸素除去、ビタミンC・Eを再生し、抗酸化力をさらに高める効果が期待できます。

④ビオチン

ビオチンとは、ビタミンHのことで、水溶性ビタミンのひとつです。ビタミンHは、ビタミンCの合成や、糖質・脂肪・たんぱく質の代謝に必要なものです。ビタミンHの主な効果としては、皮膚の健康を保ったり、筋肉痛を和らげたりすることが挙げられます。他にも、髪の毛のトラブルに大きな効果を見せてくれます。白髪になるのを防いだり、抜けにくい髪の毛を作ったりと、髪の毛で悩んでいる人にはとても嬉しい効果を持つビタミンです。

⑤必須アミノ酸

人間を構成している、肌・内蔵・血液・神経物質・ホルモン・遺伝子(DNA)などは、20種類のアミノ酸が組み合わさり、たんぱく質となって作られています。肌や内臓・血液は常に新しい物が作られ、古いものと入れ替わりますから、これらの材料となるアミノ酸が不足すると、様々な悪影響が出てきます。この20種類のアミノ酸の中でも、体内で合成できない9種類のアミノ酸のことを、必須アミノ酸(ロイシン・バリン・スレオニン・フェニルアラニン・ヒスチジン・イソロイシン・メチオニン酸・トリプトファン・リジン)と言います。これらは必ず食事や点滴などから摂取する必要があります。

⑥タチオン

体の代謝機能にかかわる酵素を活性化させ、身体に不必要な毒物の代謝を促進します。肝機能改善作用や抗脂肪肝作用、抗アレルギー作用なども期待できます。皮膚科領域では湿疹やシミの治療に応用されることもあります。強い作用がないかわり、副作用もほとんどありません。

⑦抗アレルギー剤

アレルギーに対しての効果や、腰痛、五十肩、変形性膝関節症による膝の痛み、神経痛、痺れ感、免疫の安定化、が実証されています。

⑧グリチルリチン酸

カンゾウの根から抽出されるグリチルリチンから得られる抗炎症・抗アレルギー成分で、炎症緩和や消炎効果、皮脂分泌の抑制効果等を発揮し、肌荒れやニキビの予防効果を期待できます。他にも、慢性肝疾患の肝機能異常の改善にも作用します。

⑨ビタミンB1・B6・B12

これらのビタミンは体の神経の働きに深くかかわっています。栄養補給で用いるほか、ビタミン不足で生じる神経痛や筋肉痛、末梢神経炎(手足のしびれ)などに適応します。腰痛や肩こりに処方されることもあります。そのほか、糖尿病で神経が傷んでいるときや、帯状疱疹にともなう神経痛、味覚障害や臭覚障害、眼疾患など各診療科で神経の働きを助けるのに応用されることがあります。

腸内フローラ移植術

腸内フローラとは、腸内に生息している数百種類100兆個以上の細菌のことを言います。膨大な数の細菌が共生しながら腸内細菌叢を形成しており、これを多種多様な花々が咲き乱れる「お花畑」に例えて<腸内フローラ>と呼んでいます。

その様相は、人それぞれに異なっており、食生活、生活習慣、年齢、ストレスなど様々なことより影響を受けています。 それにより、腸内細菌のバランスが崩れたりします。近年の研究により、腸内環境を改善させることは免疫力を強化させるだけでなく、乱れた免疫系を調整し、腸内細菌移植は、従来有効な治療方針の無かった潰瘍性大腸炎やアトピーなどの難病を始め、がん、糖尿病、脳疾患、うつ、認知症予防、老化など、長寿社会の健康維持に大きく貢献することがわかって来ています。